2010年08月13日

CORE DARTS JAPAN 赤松大輔選手ダーツバレルセッティング

赤松大輔(赤松大輔)
35歳  ダーツ歴6年






【主な戦績】 2010 ROAD TO VEGAS(EAST STAGE) GM Singles 準優勝
2010 D-CROWN 第7戦 in 徳川家康公杯 Doubles 3位
2010 D-CROWN 第6戦 in ADAJ KYOTO Singles 準優勝

●バレル:MACCHO

●シャフト:Fit Shaft(スピン) Mサイズ

●チップ:Fit Point ロング

●フライト:Fit Flight 赤松大輔モデル シェイプ


フライトですが、スタンダードサイズだと飛びが「もっさり」とした飛びの感じに違和感があって、ティアドロップだと逆に安定しすぎちゃって飛ばしづらいというのがあり、その中間のシェイプサイズを好んで使用しています。シャフトに関しては、各サイズを試した中で、違和感が無く丁度良い長さだったので、このサイズを使用しています。チップに関しては、僕はハードダーツもプレイするので、Fit Pointロングはスティールダーツとほぼ一緒の長さなので使用しています。あと、何よりこのチップは刺さった時の音が良くて気に入ってます。色は白を選んで使用していますが、白は刺さった場所が見やすいということで白を選んで使用しています。






posted by ダーツマニア at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | プロのバレルセッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CORE DARTS JAPAN 浴本昇吾選手ダーツバレルセッティング

浴本昇吾
(D1:浴本昇吾ライブ、DARTSLIVE:(株)浴本昇吾)
ダーツ歴8年






【主な戦績】
2010 ROAD TO VEGAS(EAST STAGE) AA Flight 準優勝
2010 D-CROWN 第4戦 MONSTER TROPHY in OKINAWA singles 3位
2009 D-CROWN in PEACE CUP HIROSHIMA 2009 Doubles 優勝


●バレル:SHOGO

●シャフト:Fit Shaft(スピン) Lサイズ

●チップ:Fit Point ロング

●フライト:Fit Flight SHOGOモデル ティアドロップ


シャフトですが、各サイズを試した中で、テイクバック時に同じ距離を同じ場所に一番引きやすかったLサイズを使用しています。フライトに関しては、自分のイメージする軌道に最も乗せやすいものがFit Flightのティアドロップサイズだったので、それを使用しています。チップに関しては、僕はグリップ時に中指がチップにかかるんですが、そのグリップした時に、中指が一番フィットするので使用しています。






posted by ダーツマニア at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | プロのバレルセッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CORE DARTS JAPAN 松本嵐選手ダーツバレルセッティング

松本嵐(あらし君)
30歳 ダーツ歴9年






【主な戦績】
2010 JACK POT in 京都 Men’s Singles 優勝
2010 D-CROWN 第3戦 新潟大会 Doubles 3位
2009 D-CROWN in CanisMajor D-1 Akashi 2009 Doubles 準優勝



●バレル:ARASHI

●シャフト:Quiver(オリジナル)

●チップ:SHORT LIP

●フライト:フライトL(シェイプ)


フライトですが、いろいろなものを試した中で程よい浮力が自分の飛びに合っていたので、シェイプサイズを使っています。フライトLにこだわっているのは、形状固定なので、しっかりとした90度の開きを保てる所が良くて使用しています。シャフトは、自分のグリップ位置がシャフトとバレルの接合部なので、その形が丁度良く押し出しやすい形状をしているという理由で使っています。チップは、刺さった時の揺れが少なく、構えた時に先端を意識しやすいという理由でSHORT LIPを使用しています。






posted by ダーツマニア at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | プロのバレルセッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。